泡立ちが少ない傾向があるスカルプシャンプー

泡立ちが少ない

今まで一般的なシャンプーを使ってきた方はスカルプシャンプーの使い心地に不安を感じてしまう場合があります。

 

よく言われるのが「全然泡立ちが良くない!」ということです。

 

確かに一般的なシャンプーと比べてみるとスカルプシャンプーの場合は泡立ちが少ない傾向があります。

 

両者の泡立ちの違いには大きな意味がありますのできちんと把握しておくことが大切です。泡立ちの違いが感じられるのは界面活性剤として配合されている成分が全く違うからです。

 

一般的なシャンプーには石油由来の界面活性剤が配合されているため少量でもかなり泡立ちが良くなります。

 

その分洗浄力が強力なので頭皮や髪の毛の状態もボロボロにしてしまうという問題点があります。

 

スカルプシャンプーの場合はアミノ酸系の界面活性剤が使用されていることが多く、泡立ちは若干弱めですが頭皮環境を整えるためには丁度良い洗浄力になります。

 

ただし最近では泡立ちが良い商品も登場してきているので、以前よりは泡立ちの悪さを感じにくくはなっています。

 

上手に泡立てるためにもシャンプー前にブラッシングをして軽く汚れを落とし、シャンプー前にしっかりと髪の毛を濡らすようにするようにしてください。

 

ワックスなどの整髪剤を使用している場合は2度洗いをすることをおすすめします。

泡立ちが少ない傾向があるスカルプシャンプー記事一覧

シリコンが配合されていない場合も多い男性用のスカルプシャンプー

「泡立ちが少ない傾向があるスカルプシャンプー」

スカルプシャンプーを使い始めた頃は違和感を感じてしまうと思います。特に髪の毛を乾かしてみるときしんでしまいサラサラ感が感じられないという感想を持つ方が多いです。...

≫≫ シリコンが配合されていない場合も多い男性用のスカルプシャンプー

▲泡立ちが少ない傾向があるスカルプシャンプー 上へ戻る
泡立ちが少ない傾向があるスカルプシャンプー 先頭へ戻る