活性酸素で肌が酸化すると老化しやすい

肌が酸化する

肌が酸化すると、あらゆる老化症状が起こり始めます。

 

まず、細胞膜に含まれる不飽和脂肪酸が酸化すると、過酸化脂質という物質が生成されます。

 

この過酸化脂質は、肌細胞やその組織を破壊していきます。

 

肌細胞や組織が破壊されれば、肌の水分保持能力やハリを保つ働きが一気に低下します。

 

そのため、乾燥肌や敏感肌になったり、しわやたるみなどの老化肌が引き起こされてしまうのです。毛穴ケアに収れん化粧水は最適ですが、活性酸素で肌が老化しやすい場合にも毛穴ケアすることで代謝を促進させるからエイジングケアにもつながります。

 

また、活性酸素はリボフスチンという老化色素を作り出します。

 

これは、細胞の動きを止めてしまう色素で、肌のターンオーバーのサイクルが極端に乱れてしまいます。

 

新しい肌細胞の生成も遅くなるため、メラニン色素も沈着してしまうので、シミやくすみが出来てしまいます。

 

このように、活性酸素は細胞を破壊したり、分裂を止めてしまい、肌の老化をどんどん促進してしまうのです。

 

さらに、肌の生まれ変わりのために必要なターンオーバーまで乱してしまうので、肌に悪いと言われるのですね。

▲活性酸素で肌が酸化すると老化しやすい 上へ戻る
活性酸素で肌が酸化すると老化しやすい 先頭へ戻る