活性酸素が肌に悪い理由の情報ページ

活性酸素が肌に悪い理由

活性酸素

活性酸素というのは、酸素が変化してできる物質で、文字通り活性化した酸素のことです。

 

酸素は、人間の生命維持活動には欠かせないもの、ということは誰でも知っているでしょう。

 

酸素が必要なのは、体内で行われる生命維持のための活動すべてに関係しているからです。

 

例えば、人間が活動するにはエネルギーを使いますが、このエネルギーを発生させるためには細胞や分子同士の化学反応が必要です。

 

酸素は、この化学反応を効率よく行うために必要不可欠なのです。

 

そんな酸素が活性化したものが、どうして肌に悪い影響を与えるのか、と思う方もいるでしょう。

 

酸素には、化学反応をサポートするだけではなく、分子に結合するという性質があります。

 

ただ、結合できるルールの中で適合しない酸素の電子は、分子と結びつくことが出来ません。

 

その電子が強引に分子と結合しようとすることで生まれるのが活性酸素です。

 

この活性酸素は、分子と結びついて相手の電子を奪って酸化させてしまいます。

 

この酸化が、肌に悪い影響を与えるのです。

毛穴の開きが気になっている人も多いでしょう。私もとても気になっていたので、いつ見ても開いている毛穴にイライラしてしまう気持ちはわかります。毛穴が開いているせいで...

化粧品も毛穴を引き締める効果があるものを利用するようにしていますが、自分なりにまだまだ試行錯誤していきたいです。エステだと毛穴の開きの他にもニキビの原因である角...

アトピー性皮膚炎の方がスキンケアを行なう場合に欠かすことができない成分をいくつかご紹介します。特にスキンケアで大切になることが保湿成分が含まれているものを選ぶこ...

アトピー性皮膚炎の場合は非常に強いかゆみを伴いますので、無意識のうちにかきむしってしまい炎症を引き起こしている可能性があります。皮膚科を受診するとステロイド剤を...

シミを効率良く薄くするために効果的な成分として有名なのがハイドロキノンです。非常に強力な美白効果があることから「肌の漂白剤」とも呼ばれるほどの効果が期待できる成...

活性酸素というのは、酸素が変化してできる物質で、文字通り活性化した酸素のことです。酸素は、人間の生命維持活動には欠かせないもの、ということは誰でも知っているでし...

肌が酸化すると、あらゆる老化症状が起こり始めます。まず、細胞膜に含まれる不飽和脂肪酸が酸化すると、過酸化脂質という物質が生成されます。この過酸化脂質は、肌細胞や...

収れん化粧水には収れん剤という成分が含まれていて、これが皮脂の分泌を抑制します。またアルコールが多めに含まれているので、この効果によって肌や毛穴がギュッと引き締...

▲活性酸素が肌に悪い理由 上へ戻る

活性酸素が肌に悪い理由 先頭へ戻る