活性酸素が肌に悪い理由

活性酸素

活性酸素というのは、酸素が変化してできる物質で、文字通り活性化した酸素のことです。

 

酸素は、人間の生命維持活動には欠かせないもの、ということは誰でも知っているでしょう。

 

酸素が必要なのは、体内で行われる生命維持のための活動すべてに関係しているからです。

 

例えば、人間が活動するにはエネルギーを使いますが、このエネルギーを発生させるためには細胞や分子同士の化学反応が必要です。

 

酸素は、この化学反応を効率よく行うために必要不可欠なのです。

 

そんな酸素が活性化したものが、どうして肌に悪い影響を与えるのか、と思う方もいるでしょう。

 

酸素には、化学反応をサポートするだけではなく、分子に結合するという性質があります。

 

ただ、結合できるルールの中で適合しない酸素の電子は、分子と結びつくことが出来ません。

 

その電子が強引に分子と結合しようとすることで生まれるのが活性酸素です。

 

この活性酸素は、分子と結びついて相手の電子を奪って酸化させてしまいます。

 

この酸化が、肌に悪い影響を与えるのです。

▲活性酸素が肌に悪い理由 上へ戻る
活性酸素が肌に悪い理由 先頭へ戻る