乾燥肌による水分量不足でニキビ以外にもシミができやすい

水分量不足

乾燥肌になると水分量が不足してしまって、肌本来の役割である「排出器官」の働きが正常に稼働しなくなり、皮脂や汚れが毛穴の奥に詰まってニキビを引き起こすアクネ菌の温床となってしまうのです。

 

また、油分を取りすぎると肌のバリア機能も低下してしまうため、外部からの刺激を受けやすくなってしまい、そのダメージも肌の機能低下を招いてニキビやシミが出来やすい状態にしてしまいます。

 

バリアとなる機能なので、紫外線による影響も出やすく潜在的なシミが多くなりやすいです。エイジングケアという面で乾燥肌を解消していくことが、シミ予防にもつながっていきますから、シミを薄くする毛穴ケア用の美容液もしっかり使用して行きましょう。

 

ですので、ニキビを予防するには油分を取ることよりも、肌の水分をしっかり保持して機能を衰えさせないために保湿をすることの方が重要になるのです。

 

肌のバリア機能を強化して水分を保持するためには、セラミドや保湿に関わる天然保湿因子、水分保持機能を高めるヒアルロン酸などの美容成分をたっぷり補給しましょう。

 

また、ヒアルロン酸が安定して存在できるようにコラーゲンを摂取したり、天然保湿因子の元となるアミノ酸を補うことも、乾燥肌を改善して刺激に負けない肌作りには欠かせません。

 

こういった成分をスキンケアで補充することで肌をきちんと保湿すれば、肌を外部の刺激から守ったり、水分を内部に溜め込むことが出来るようになり、肌の機能は回復してニキビができるのを確実に予防していくことができるのです。

▲乾燥肌による水分量不足でニキビ以外にもシミができやすい 上へ戻る
乾燥肌による水分量不足でニキビ以外にもシミができやすい 先頭へ戻る