シミ予防に効果的なビタミンC

シミ予防

化粧水などの基礎化粧品やメイク用品にはシミ予防に効果が期待できるという成分が含まれている商品もあります。シミ予防効果があるということは、メラニン色素の生成を抑える効果が期待できることからシミ予防効果に繋がるということになります。

 

シミ予防効果が期待できる成分として配合されることが多いのはビタミンCです。ビタミンCが私達の体にもたらす働きとして抗酸化作用などがあげられますが、メラニン生成を遅らせる作用があることに着目して化粧品に配合される場合が多いです。

 

ただしビタミンCそのものは吸収力が良くないため化粧品に配合される場合はビタミンC誘導体として吸収力を高めたものが配合される場合が多いです。

 

最近注目されているのは新型ビタミンC誘導体と呼ばれるAPPSです。

 

肌の奥へと浸透性を高め、真皮のコラーゲン生成を促す効果があるとしてシミの生成を抑制するだけでなく、色素沈着したしみについても薄くする効果が期待できると言われています。

 

私達の生活に身近な成分もシミ予防効果があるとして化粧品にふくまれる場合があります。

 

醤油や味噌などを作る際に必要となるコウジ酸はメラニン生成時に関わりのあるチロシナーゼという酵素の働きを抑制する効果が期待できます。

 

実際に醤油や味噌を製造する仕事に携わりコウジ酸に触れる機会が多い職人さんの手が白いことからもその効果がわかります。

 

コウジ酸は厚生労働省からも認可されている医薬部外品の有効成分としても知られています。

 

コケモモに含まれているアルブチンという成分もチロシナーゼの働きを抑制してシミを予防する効果があるといわれています。

 

アルブチンも医薬部外品の有効成分として認められた成分です。

 

この他にもルシノールやカモミラET、プラセンタエキス、トラネキサム酸、リノール酸S、ハイドロキノンなど様々な成分がシミ予防効果があると言われています。

 

必ず全ての方に効果が見られるというものではありませんが、使い続けることで何らかの変化が感じられる可能性が高いものです。

▲シミ予防に効果的なビタミンC 上へ戻る
シミ予防に効果的なビタミンC 先頭へ戻る