毛穴をケアしてニキビを予防するには、まず余分な油分を取るようにしましょう。

余分な油分

ニキビはオイリー肌に出来やすいので、予防するためには油分を取ることが一番大事と思っているかもしれません。

 

確かに、皮脂などの油分は毛穴に詰まりやすく、それが固まって角栓ができることでニキビ菌がそれを餌として繁殖してニキビが出来てしまいます。

 

ですから油分を取るというのはニキビ予防につながるのは間違いではありませんが、油分を取りすぎると肌の内部に蓄えられている水分が逃げていってしまいます。

 

毛穴の中の汚れや普段取りきれなくて溜まってしまっている毛穴の角栓を除去していくというのが肌表面の脂分をとるのではなく、毛穴の汚れを優先的にとっていくことがアクネ菌を繁殖させないことにつながり、ニキビ予防になります。乾燥している肌はニキビが出来にくいと思われがちですが、実は乾燥した肌でもニキビはできてしまうのです。

 

ニキビを引き起こす根本的な原因は皮脂や汚れが毛穴に詰ってしまうということだけではなく、肌本来の機能が低下して、皮脂や老廃物を正常に排出できなくなっていることも挙げられます。

 

乾燥肌だと洗浄力が強い石鹸だとカサカサ乾燥してしまいやすいですし、毛穴ケアに最適なクレイ洗顔料でも肌がつっぱりやすい方もいるでしょう。

 

ですので、ツッパリ感がなくなるように毛穴ケアに最適な泥やクレイなどが配合されている石鹸に化粧水などではバリア機能が低下しないようにセラミドなどが配合されていると肌表面だけの保湿ではないので、ベタベタ感もなく毛穴ケアや保湿に最適です。

 

保湿していくとニキビでも大人ニキビ予防につながるので、乾燥肌の方だと特に効果的です。

▲毛穴をケアしてニキビを予防するには、まず余分な油分を取るようにしましょう。 上へ戻る
毛穴をケアしてニキビを予防するには、まず余分な油分を取るようにしましょう。 先頭へ戻る